転職回数が多い薬剤師は不利なのか?疑問の解消はこちらから!

薬剤師の転職・求人

薬剤師は、他業種に比べると「売り手市場」と言われており、市場に出回っている求人数に対し、求職者の数が少ないために転職はしやすいとされています。しかし、転職回数が増えてくると、不利になってくるのではないかと心配になりますが、実際はどうなのでしょうか。

薬剤師は平均在職年数が3年といわれているため、転職歴があるのは普通のことだと採用側は捉えていますが、それを考慮しても転職回数が少ないに越したことはない、というのは事実であり、他の転職希望者に競り負けるケースも無いとは言えません。

しかしながら、現状の職場に疑問を感じながら働き続けるのはもっと残念な選択であり、重要なのは次回の転職で成功することです。

転職を成功させるためには、「薬剤師ではたらこ」や「薬キャリ」などの転職支援サイトを活用することも考慮したいところです。

例えば、15年以上の実績を持った「薬剤師ではたらこ」では、優秀なコンサルタントが多数在席していますので、思い切って転職回数のことも相談してみましょう。

なお、今すぐに転職活動をしない場合でも、こちらのページから相談だけでも受け付けてくれます。

当然ながら、履歴書への書き方や面接対策など、転職に有利なサポートを受けられますし、過去に転職があればそれについても考慮してもらえるでしょう。

女性で多いケースとして結婚や出産、子育てを機会とした退職はやむを得ないことですし、キャリアアップや専門分野への方向転換のための転職であっても、マイナスとは捉えられないでしょう。

そのため、過去の転職については、その理由を明確にしておくことも大切で、「マイナビ薬剤師」などのキャリアコンサルタントに相談することで、転職の経歴をアピールポイントに変えていきましょう。

また、次の転職を最後として、決定的な転職を行いたい場合には「ヤクステ」への登録もおすすめです。

ヤクステ」は、ヘッドハンティング事業を得意としていた企業が運営する転職サポートサイトであるため、薬剤師さんと職場のマッチングに優れており、ヤクステ利用者の就職後の離職率は1%以下という驚くべき実績があります。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

さらに、人材業界では最大手ともいえる、リクルートが運営している支援サイト「リクナビ薬剤師」も一度しっかりと確認しておきたいものです。

サービスの質が高いために、キャリアや収入はもちろん、通勤の都合も考えた最適の職場を探しだしてくれる、優秀なキャリアコンサルタントが多いのが特徴です。

求人数も圧倒的に豊富で、大量の非公開求人を抱えている業界最強のサポートを受けられるため、特に転職に失敗してしまった方ほど活用したいサイトです。

一度増えた転職回数を減らすことはできないため、次回の転職をより良いものにしていくために、優秀なキャリアコンサルタントへ相談し、とことん活用しましょう。

☆土日休み、残業なし、家近、駅近☆ 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人

コメント

タイトルとURLをコピーしました