薬剤師の転職は何年目が有利?やはりタイミングも重要なのか?

薬剤師の転職・求人

薬剤師の仕事をしばらく続けていると、人事の異動や昇格などの機会もあり、業界の視野が広がってくることがあります。年収アップや休日数の増加を望むなら、転職を考えることも多くなるはずです。そこで今回は、転職のタイミングについて、いろいろと考察していきます。

一般的に転職に有利なのは「3年目」

薬剤師業界でほとんど通例となっているのが、「就職3年目以降の転職」です。また、ある統計では、薬剤師の平均勤続年数は約3年となっており、短いスパンで転職が繰り返されている実情があります。

しかしながら、薬剤師業界では転職を「多くの分野での経験を積むため」「キャリアアップのため」など好意的に捉える傾向があり、転職そのものに抵抗を持たない方が多いのも事実なので、3年目というタイミングにこだわる必要はないとも言えるのです。

例えば、「薬剤師ではたらこ」のような逆指名の転職に強いサイトを活用することで、自分の希望する医療機関や製薬会社へ求人を打診してくれるので、キャリアアップのために現在よりも充実した仕事、かつ収入面にも期待できる仕事を積極的に探してみることをおすすめします。

なお、今すぐ本格的な転職活動をするか迷っている場合は、こちらのページから相談だけでも対応してくれます。

3年目の転職は雇用側のメリットも大きい

転職が頻繁に行われる薬剤師業界ですが、雇用側にもメリットが少なくないのが実際のところです。

人材を一から育てるには大変な費用がかかるため、即戦力として働いてくれる優秀な人材を高給で雇い入れた方がかえって安く済む、というケースが少なくありません。

そのような高待遇な求人が多いのが「マイナビ薬剤師」です。こちらのサイトは、非公開求人が多数を占めていながら、3年連続で満足度ナンバー1という実績も誇ります。

また、転職後の離職率が1%以下という「ヤクステ」は、キャリアコンサルタントが若年層ながらも活気に溢れており、転職サポートはもちろん、求人数の多さも魅力です。

ヤクステのコンサルタントが転職希望者の様々な疑問に的確な回答をしているこちらのページも好評のようです。

女性特有の転職タイミングもあります

転職といえばキャリアアップだけが目的ではなく、妊娠や出産など女性特有のタイミングもあります。

重要なポストに付いている方ほど、仕事と子育ての両立は難しくもなってくるため、仕事量を軽減する目的であったり、いっそ離職した後での再就職などもあり得ます。

そんな時に力になってくれるのが「薬キャリ」であり、特にママ向けの短時間パートや再就職OKなどの求人を探しやすい環境になっています。

なお、薬キャリ最新求人状況確認されたい場合は、こちらのページをご活用ください。

求人数の豊富さであれば「リクナビ薬剤師」もおすすめです。大手企業ならではのノウハウを持ったキャリアコンサルタントが、親身になって対応してくれます。

転職タイミングにはあまりこだわらず、思い立った時にこれらの転職サイトへ登録してみましょう。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました