薬剤師の主な転職理由は何なのか?口コミ等から本音を分析!

薬剤師の転職・求人

薬剤師は、他の業種と比べて転職経験者が多い印象があります。売り手市場なので、転職がしやすいことがその背景にあると考えられますが、それだけでは無いようです。そこで今回は、転職に至った主な理由を口コミ等から分析してみましたので、参考にしてみてください。

理由はやはり収入額と人間関係か?

理由として多いのが、「自分のスキルだともっと大きな収入を得られるのでは?」等、収入に関するものです。

薬剤師の平均勤続年数は3年と言われていますが、3年も勤務を続けていると重要なポストや仕事を任されることも少なくありません。

だからこそ、薬剤師業界について視野が広がってくるこの3年という節目に、さらに収入アップを望む方が多くなるのでしょう。

その他には、「もっと資格を活かせるやり甲斐のある仕事がしたい」「結婚したから自宅に近い職場で働きたい」等の口コミもあります。

しかし、これらはあくまでも表向きの理由であり、本音では「人間関係が嫌になった」という思いを抱えての転職も珍しくはありません。

退職理由は職場にどう伝える?

様々な理由から転職を考えても、それを現在の職場にそのまま伝える必要はなく、むしろ「正しい方法」で辞職する意思を伝えなければ面倒な引き止めに合う可能性もあります。

引き止めにあわない上手な転職理由としては「キャリアアップのため」などが良いでしょう。ポジティブな理由なので、雇用主側からも慰留しにくくなります。

逆に不満などを口走ってしまったり、それを少しでも伝わるような言い方をしてしまえば、円満退職とはならないでしょう。

なお、別業態の薬剤師に転職する場合は「薬剤師としての経験の幅を広げたい」という理由もおすすめです。

転職サイトはぜひ退職前から利用したい!

「転職しよう」と思い立ったら、まずは情報集めに勤しむのではないでしょうか。しかし、少しでも有利に転職活動を進めるには、自分一人だけでの情報収集には限界があります。

そこで、「マイナビ薬剤師」や「薬剤師ではたらこ」、「薬キャリ」などの薬剤師専門の転職支援サイトへ登録する方が多いのです。(薬キャリの最新求人情報は、こちらのページからご確認ください)

これらのサイトでは、働くあなたの代わりに最適な求人を探しだして紹介してくれるので、転職活動に時間が使えない方でも理想的な職場に出会うことができます。

軽い気持ちでサイトに登録したところ、想像していた以上に収入アップが見込めるケースもあり、それがきっかけで転職を決定される方もいます。そのため、まずは、相談だけでも受け付けているこちらのページを利用される方も多いようです。

転職はリスクを伴いますが、薬剤師業界では上記のような便利な支援サービスが豊富なので、とても恵まれた環境だといえます。

本格的な求職活動を始める前に、まずは、各転職支援サイトの特徴を確認することをおすすめします。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました