企業へ転職したい薬剤師なら是非見ておきたいサイトがこちら!

薬剤師の転職・求人

薬剤師の就職先といえば、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどが一般的ですが、企業の薬剤師という働き方もあります。特に営業職のMRなどは収入面でも大変魅力的ですが、求人数がやや少ないので転職難易度は高めだと言えます。今回は、そんな企業薬剤師として転職を目指す際に見ておきたいサイトをご紹介していきます。

一度は見ておきたい定番のサイト3つ

すでに広く周知されているとは思いますが、薬剤師が転職先を探す場合には、薬剤師専用の転職支援サービスを利用するのが大変便利です。

例えば、「薬剤師ではたらこ」「薬キャリ」「マイナビ薬剤師」などがありますが、いずれも優秀なキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。(薬キャリの最新求人情報の確認には、こちらのページが便利です)

各サイトのキャリアコンサルタントは、職務経歴をアピールする際のコツや面接対策など、総合的に支援してくれます。加えて、面接の際にも同行してくれるので、大変心強いです。

企業への薬剤師の就職は競争率が高く、キャリアや経験を積み重ねていなければなかなか難しいのが現状です。

また、現職を続けながらの転職活動は、時間が限られるため、是非これらの転職支援サイトを利用し、理想の職場探しに役立てたいところです。

なお、転職活動を開始するか迷っている場合でも、こちらのページを通じて相談ができるので、まずは気軽に活用したいですね。

残業時間などの労働環境も忘れずに考慮

企業薬剤師の求人は、出回っている案件数が少ないので、結果的に競争率が高くなっています。

特に好条件で高収入な求人ほど非公開求人となっているケースが多く、その場合は求人サイトをいくら眺めても見つけることはできません。

そのような良い条件の求人へたどり着くには、「ジョブデポ薬剤師」や「ファルマスタッフ」のような、求人数豊富なサイトへ登録した上で、コンサルタントへ相談し、最適な求人を紹介してもらうことが近道となります。

さらに、その場合のメリットとして、仕事の内容や労働環境等についても詳しい説明を受けられる点があります。

例えば、企業薬剤師でも特に収入が高いとされるMRの場合は、労働が長時間に及んだり、営業成績を問われたりと、個人への負担が大きくなりがちですので、自分の性格に合った仕事なのかを見つめなおす機会を持つことが望ましいのです。

また、製薬会社に勤務する場合でも、残業が常態化していることも多く、子育てや家事との両立が難しいケースもあるので、キャリアコンサルタントを通じて相談を重ねることが大切です。

その他、詳細な労働条件のすり合わせや収入面での交渉も、経験を積んでいるコンサルタントが引き受けてくれます。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました