薬剤師にとって独立開業は損?転職して年収アップが得策か?

薬剤師の転職・求人

薬剤師としての一つの到達点を「独立開業」と考えている方は多いですし、将来的に街の「かかりつけ薬局」として役立ちたいと願っている方もいらしゃるでしょう。

しかし、端的に独立開業を損得で考えた場合は、「損」だと言えるかもしれません。

なぜなら、独立することによって、収入減となる可能性や廃業リスクと向き合うことになりますし、順調に売上額が安定しても人材や経費などのマネジメントに追われ、繁忙を極めることも考えられるからです。

また、責任の重さも段違いとなり、勤務薬剤師時代には全くの無縁とも言える事務的な作業も避けては通れず、仕事と私生活の線引きが付かなくなることも懸念されます。

とはいえ、もちろん多くのメリットもあります。自分で思い描いた理想のお店を開くことができる上に、定年で退職するという必要もないため、高齢期の収入にも一定の目処がつき、豊かな老後を満喫できるでしょう。

独立をすれば責任は増大しますが、その分売上額や利益というかたちで、ダイレクトに結果が現れるので、努力のしがいがあります。売り上げた額が直接手元に入る喜びは、勤務薬剤師では味わえないものです。

また、大病院などの門前薬局として他のライバルよりも早く開業できれば、顧客を確保することができるので、そのようなチャンスがあればぜひ活かしたいところです。

これらのように、独立開業はメリットも多いため、大きな目標として掲げる一方で、収入を上げるためには、「転職」という選択肢も忘れてはなりません。転職なら、独立開業を成功させるような労力やリスクは必要なく、比較的容易に年収アップが図れます。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

例えば、「リクナビ薬剤師」や「薬キャリ」などの転職支援サイトを利用することで、一般には公開されていない好条件の非公開求人を多数紹介してもらえますから、転職前と比較して、年収100万円程度の増加は、決して珍しいことではありません。(薬キャリ新着求人の情報は、こちらのページからご利用ください)

さらに、「マイナビ薬剤師」は、利用者の満足度も非常に高く、好評を得ていますが、それを支えているのは、優秀なキャリアコンサルタントです。

より良い転職を実現させるため、事業所に対して報酬額の向上を求め、あなたの代わりに打診してくれたり、履歴書の書き方指導や面接対策など、あらゆる面で親身にサポートしてくれます。

また、ヘッドハンティング事業により成長した企業が運営している「ヤクステ」では、そのノウハウを活かし、高収入の案件と能力の高い薬剤師を数多くマッチングしています。

転職に際しての様々な質問にヤクステのコンサルタントが明快に回答しているこちらのページも参考になります。

なお、「薬剤師ではたらこ」は、高収入を目指せる病院薬剤師の求人が集まりやすく、キャリアを積みたい薬剤師さんにも重宝されています。まずは、転職の準備段階から丁寧に対応してくれるこちらのページを活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました