薬剤師の今後はどうなる?将来性はあるのか?異業種への転職は?

並木道 薬剤師の転職・求人

2006年より薬学部は4年制から6年制へと移行したことで、薬剤師資格の取得は、金銭的にも時間的にも、容易とは言えない状況にあります。

苦労して資格を取得するからこそ、将来性について真剣に考えたり、異業種への転職を余儀なくされるのではないかと不安になる方も多いのでしょう。

しかしながら、薬剤師の今後の見通しは明るいというのが大方の見方であり、これから薬剤師を目指そうという方も、すでに資格を取得済みの方も、そんなに深刻に考える必要は無さそうです。

それというのも、薬学部での在学期間が長くなったこともあり薬剤師の需要はより高まっていますし、薬剤師の同一職場での平均勤続年数は約3年とされており、他業種に比べると頻繁に転職を繰り返している傾向にあります。

それ故に、どこの調剤薬局や病院、ドラッグストアでも経験を積んだ即戦力となる薬剤師を求めているという実態がありますから、現在の仕事に少々の不満があったとしても、新しい職場を見つけるなどして、引き続き薬剤師として働くことをおすすめします。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

実は薬剤師の場合、専門の転職エージェントサービスが充実しているので、転職が初めてという方でも安心して、自分の技術や経験を各雇用者に売り込むことができるため、理想を叶えやすい環境が整っています。

例えば、「リクナビ薬剤師」はそんな転職サイトの一つですが、事業規模の大きさが活かされており、調剤薬局だけでなく、全国展開するチェーン系ドラッグストアや大病院、製薬会社などの求人が豊富に集まっています。

それらの求人は、好条件の案件であれば非公開となっている場合も多いのですが、簡単な会員登録手続きを済ませるだけで、非公開求人を含めて検討してもらえますので、積極的に活用したいところです。

☆土日休み、残業なし、家近、駅近☆ 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人

また、「マイナビ薬剤師」は、転職希望者と求人を的確にマッチングさせるコンサルタントの手腕などが好評を呼び、利用者からの高い評価はリサーチ会社の調査でも裏付けられています。

さらに、「ヤクステ」では、ヘッドハンティング事業での経験・実績が活かされており、高収入の職種として注目されているMRなど、調剤業務とは異なる職種を探している方にも重宝されています。転職に関する様々な質問には、こちらのページコンサルタントからの見事な回答がありました。

薬剤師の多くが利用または会員登録している「薬キャリ」は、医療情報サイトを展開しているエムスリーが運営していることもあり、業界事情に詳しく、さまざまな病院や製薬会社とのネットワークが活かされています。(薬キャリ新着求人が確認しやすいこちらのページもご利用ください)

最後にご紹介する「薬剤師ではたらこ」は、看護師専門の「ナースではたらこ」と姉妹関係にあり、その相乗効果が発揮されているのか、医療機関からの好条件求人を豊富に集めるに至っているようです。転職に踏み切れず悩んでいる場合なども、こちらのページを活用すれば軽い相談だけでも対応してもらえます。

薬剤師として仕事を探す場合には、これらプロの支援を活用し、多種多様な職種・勤務先を知ることが、理想を実現する第一歩となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました