薬剤師の定着率が高い職場を見つけるために役立つサイト5選!

薬剤師の転職・求人

「アットホームな雰囲気の楽しい職場です!」のような触れ込みの求人広告に、どのようなイメージを持たれるでしょうか。

実は、定着率の低い職場で求人募集する際によく使われることで有名なキーワードが「アットホーム」なのです。

このような触れ込みを使っている事業所の全てにおいて、従業員の定着率が低いわけではありませんが、求人広告や求人票の情報だけでは働きやすさの判断をすることはできません。

そこで、薬剤師が求人を探す場合は、薬剤師を専門に転職サポートを行っているサイトの活用がおすすめです。今回は、厳選した薬剤師専門の転職支援サイトを5つご紹介します。

最初にご紹介するのは、古くから人材紹介のビジネスを手がけてきた企業の薬剤師専門転職サイト「マイナビ薬剤師」です。

ここには、豊富な求人に加え、それらを適切にマッチングできるキャリアコンサルタントが多数在席しています。

各事業所へのビアリングも頻繁に行っているので、職場ごとの定着率についても回答してくれるでしょう。

さらに、利用者の満足度も高く、調査結果では3年連続で首位を獲得しています。

なお、マイナビ薬剤師利用者の感想こちらのページに多数掲載されていますので、ぜひご確認ください。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

二つ目は、幅広い職種の求人が集まる「リクナビ薬剤師」をご紹介します。

こちらには、高収入が期待できる非公開求人が多く揃っていますし、各職場の勤務環境についても把握してくれています。

また、優秀なコンサルタントがあなたの代わりに給料や待遇について交渉してくれるので、提示された条件に不満があれば、是非伝えてみましょう。

三つ目にご紹介する「ヤクステ」は、薬剤師転職サイトでは珍しく、ヘッドハンティング事業を行っている企業が運営していることもあり、非公開求人の比率が高くなっています。

事業者と転職希望者とのマッチングにも優れており、ヤクステを通じて転職した薬剤師の大多数が一定期間は離職していませんので、長期安定して働くことを優先したい方にも重宝されているサイトです。

☆土日休み、残業なし、家近、駅近☆ 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人

また、四つ目のご紹介となる「薬キャリ」は、病院や企業、大手チェーン系を含む調剤薬局やドラッグストアなどの求人を広く扱っています。

もちろん、高年収案件も多数保有していますし、各職場への調査も徹底していることから、転職後の満足度も高くなっています。(薬キャリ新着求人情報はこちらのページからご利用ください)

最後にご紹介する「薬剤師ではたらこ」は、逆指名方式での転職を可能にする、交渉力の高いキャリアコンサルタントが在席しています。

逆指名方式では、働きたい店舗や病院を転職希望者から指名できますので、希望する事業者が求人を募っていない場合に重宝します。

薬剤師ではたらこに問い合わせをする際は、逆指名に限らず何でも気軽に相談できるこちらのページの活用をおすすめします。

定着率の低い職場は経営者の力量不足や人間関係の問題など、様々な原因を抱えていますから、今回ご紹介したサイト等を通じて、働きやすい職場かどうかを見極めることが大切になってきます。

定着率を重視して職場選びをする場合にも、百戦錬磨のキャリアコンサルタントが、あなたの判断を助けてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました