薬剤師の転職に履歴書はどのくらい影響するのか?お手本は?

薬剤師の転職・求人

薬剤師は売り手市場と言われていますが、転職希望者が多いということはそれだけライバルも多いことを意味しています。

だからこそ、就職活動の基本中の基本である履歴書を今一度見直し、採用に繋がるツールとして活用できるよう、完成度を高めていきましょう。

場合によっては採否を決する「履歴書」の重要性

履歴書を書く場合には様々なポイントに注意する必要がありますが、学歴や職歴、資格や扶養家族の存在などの基本事項に誤字などが無いように、まずは細心の注意を払ってください。

履歴書提出の段階で、すでに誤字・脱字などのミスがあれば、業務においても同様にケアレスミスをするのではないかとの印象を持たれかねません。できれば、本人以外の人物に一度チェックしてもらうのが望ましいです。

企業や病院は人材を確保するために高額な費用を投じていることもあり、貢献度の低そうな人材と察するや否や、その時点で不採用を決定してしまうことさえあるのです。

やはり、「リクナビ薬剤師」に在籍するような、履歴書の書き方指導や添削を行ってくれるコンサルタントに相談することが近道と言えるでしょう。

リクナビ薬剤師では、こだわりの条件で絞り込んだ、あなたにピッタリの求人を紹介してくれますし、就職成功のためにあらゆる支援を行ってくれます。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

丁寧な履歴書からは熱意も伝わる

ブランクがあったり、未経験職種への転職を希望される方も、履歴書の書き方が重要なのは言うまでもありません。志望動機の文案作成等に注力しすぎて、氏名等の基本項目が疎かにならないよう気を付けたいものです。

特に子育てが一段落ついたママ薬剤師などのブランク明けの方は、薬剤師としてはもちろん、社会人としてのビジネス感覚が薄れている可能性もありますので、気を引き締めましょう。

なお、「薬キャリ」は、求人検索にてママ薬剤師向けの条件が細かく設定できるので、的を絞って案件を抽出できます。当然ながら、採用されやすい履歴書の書き方も指導してもらえます。(薬キャリ最新求人情報はこちらのページからご利用ください)

さらに、「薬剤師ではたらこ」は、医療従事者の転職支援を全面的に行っている企業の運営サイトです。まずは、些細な疑問にも丁寧に対応してくれるこちらのページからご確認ください。

☆土日休み、残業なし、家近、駅近☆ 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人

お手本のような志望動機は好印象なのか?

中途採用者は、新卒者にはないキャリアや経験を存分にアピールすることが求められます。

面接時にしっかりと口頭で伝えることも大切ですが、文字として残る履歴書の志望動機欄も、抜かりなく活用したいところです。

例えば、病院薬剤師から調剤薬局へ転職を希望している場合は、「一つの病院内という限られた処方から、より広い分野の処方を扱える薬剤師として成長したい」等、向上心を感じさせるような書き方が望ましいです。

しかしながら、模範解答のような志望動機では相手側の心にも響かないでしょうから、前職との関連性も考慮しながら、オリジナルの文案をまとめたいものです。

文案のヒントを得たい場合や、文章表現に自信がない場合は、「マイナビ薬剤師」のような転職支援サイトのコンサルタントに一度目を通してもらうことをおすすめします。

また、マイナビ薬剤師では、定期的に転職希望者へのセミナーも開催しています。自分に合った相談会等があれば、ぜひ参加してみてください。

なお、利用者の声こちらのページに多数掲載されていますので、ぜひ一度ご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました