履歴書に比べると、書式の自由度が高い職務経歴書ですが、それだけにライバルと差がつきやすいとも言えます。

中途採用者は即戦力となることを求められますので、「職務経歴書こそ最重要」と考えている採用担当者も数多くいます。

そこで今回は、採用につながる職務経歴書の書き方について考えていきます。

改めて職務経歴書の果たす役割とは?

履歴書では、学歴や職歴など、その人物のアウトラインを捉えるのに重要な役割を果たしますが、詳細な記述はできないため、採用側としては情報不足の感が否めません。

そのため、経験業務について詳しく記述した職務経歴書は大変重宝されており、応募する側としても、その重要性をしっかりと意識して作成に臨みたいところです。

「正確に分かりやすく」が基本ですが、的外れなことを書かないよう、事業者から求められる人物像についてもしっかりと把握しておきたいところです。

なお、文案や形式について迷いがあれば、転職支援サイト「マイナビ薬剤師」に在籍するような、キャリアコンサルタントへ相談し、職務経歴書について助言をもらうことも一つの方法です。

マイナビ薬剤師では、求人事業者へのヒアリングを通して、職場環境の把握に努めているため、採用につながる職務経歴書の傾向も掴んでいるはずです。是非アドバイスを求めてみてください。

また、マイナビ薬剤師利用者の声こちらのページに多数掲載されていますので、ぜひ一度ご確認ください。

☆薬剤師限定☆80%以上の方が希望条件で転職!あなたのご希望は?

受かる経歴書を作っていく”プロの助言”

職務経歴書の形式には一定の決まりはなく、事業者側から書式の指定がなければ、応募者が書式を決めて作成する必要があります。

だからこそ、やはり前項でも触れたように、各事業者について熟知しているキャリアコンサルタントから、採用されやすい職務経歴書の書式についてレクチャーを受けることが有効になってきます。

内容については、薬剤師の場合には、言うまでもなくまずは処方科目が重要です。病院等に勤務する、単科のスペシャリストが求められている場合もありますし、門前薬局等に勤務し、多種多様な処方箋に対応できるオールマイティ型が望まれている場合もあります。

また、勤めていた薬局の規模を伝えるため、処方箋の受付枚数や薬剤師の人数なども表記しておいた方がいいでしょう。

さらに、管理薬剤師の経験があったり、専門薬剤師または認定薬剤師の資格を得ている場合にも、単にその事実を述べるたけでなく、具体例を挙げて経験業務を説明しておくのがベターです。

☆土日休み、残業なし、家近、駅近☆ 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人

まずはお手本をまねるのが常道

質の高い職務経歴書を作成するには、何度か推敲を重ねたいところです。誤字・脱字といった基本的なことはもちろん、思い違いによって事実と異なる内容を記載していないか等をしっかりと確認しておきましょう。

なお、「リクナビ薬剤師」では、サイト上にて職務経歴書の書き方をくわしく紹介していますので、ぜひ参照してみてください。

また、「薬キャリ」や「薬剤師ではたらこ」は、そもそも運営母体が医療全般への造詣が深いので、業界全体の傾向も捉えてくれており、とても頼れる存在です。薬剤師ではたらこを利用される場合は、転職相談だけでも丁寧に対応してくれるこちらのページのご利用をおすすめします。

そいて、薬キャリ新着求人をご覧になりたい場合こちらのページからご確認ください。

離職率の低さで定評のある「ヤクステ」は、転職希望者と事業者とのマッチング精度が高く、当然ながら好印象を与える職務経歴書の作成についてもノウハウを持っています。

今回ご紹介したサイト等を活用することで、職務経歴書の作成が少しでも捗れば嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です